貧血なので鉄分を補給するために南部鉄器の鉄瓶を買いました

家族に貧血の人がいるのですが、いままでは「レバー」とか「あさり」とかを食べていましたが、鉄瓶でコーヒーやお茶などを飲むほうが効率がいいようなことを聞き「南部鉄器の鉄瓶」を買ってみました。

どれを買おうか

日本製で安いのを通販でさがして「岩鋳」「及源(Oigen)」で迷いましたが、形がかわいいのと取っ手が曲がるので「及源(Oigen)」「観月アラレ 1.2L H-159S」にしました。

「瓶敷」もあったほうがいいかな

と思い同じ「及源(Oigen)」で揃えようと、ちょっと高いけどかっこいい「雪格子 D234」にしました。

開封

箱です。

f:id:shiro_kochi:20181111214430j:plain:w720



箱をあけてみます。

f:id:shiro_kochi:20181111214436j:plainf:id:shiro_kochi:20181111214439j:plain


箱から出します。

f:id:shiro_kochi:20181111214442j:plainf:id:shiro_kochi:20181111214445j:plain


瓶敷に鉄瓶を載せてみます。

f:id:shiro_kochi:20181111214451j:plain:w720

鉄瓶を使い始める

鉄瓶は加工してないのでそのままだと「錆びる」様です。そこで

取扱説明書に載っている作業をおこないます。

1.「硬度 300mg 程度」のミネラルウォーターを 8分目まで入れます。
2.蓋をはずして中火で「20分間」沸騰させる。
3.蓋をのせてから中のお湯を捨て、蓋をはずし内部を乾かし、本体が冷めるまで待つ。
これを「3回」繰り返す。

この様に「湯垢」がついていきます

最初の状態 → 1回目の作業後

f:id:shiro_kochi:20181111214355j:plainf:id:shiro_kochi:20181111214359j:plain


2回目の作業後 → 3回目の作業後

f:id:shiro_kochi:20181111214402j:plainf:id:shiro_kochi:20181111214410j:plain

この「湯垢」で錆びにくくなるみたいです。

お湯を沸かしてみた

最初にお湯(「白湯」と呼ぶそうです)を飲んでみました。「まろやか」で、かどが無いというかなんというか、お湯だけでも飲んでもおいしく飲めます。コーヒーやお茶はお湯よりは違いが判りませんが、あきらかにおいしくなっています。

お手入れ

鉄瓶は錆びるのでお手入れは重要ですし、洗剤などで洗ってはいけない様です。使った後はすぐにお湯を全て捨て、蓋を外して裏返しにしてに置きます。そうすると「余熱」で水分はすべて「蒸発」しますので、冷めたら蓋をしてそのまま保管します。

最後に

写真撮ってみました

「iPhone xs max」「ポートレートモード」で写真を撮ってみました。背景にぼかしを入れることができます。

f:id:shiro_kochi:20181111214422j:plainf:id:shiro_kochi:20181111214425j:plain

左が「通常モード」で、右が「ポートレートモード」です。ちょっとかっこいいような...取っ手が変にぼけている。

鉄瓶は健康にも良いですが、キッチンでは「存在感」があり「高級感」もあり、見ているだけでも癒されます。鉄分補給などはまだわかりませんが続けていこうと思いますので、使い込んだらまた記事にします。